アートとビジネス


アートと「お金」について考える
by hosodoa
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
外部リンク

走る

 【その① 皇居ランナーとなる】
 皇居の周りを走る人はただのランナーではない、『皇居ランナー』、らしい。そして、最近私も皇居ランナーとなりました。

 【その② バン・ドゥーシュに入る】
 バン・ドゥーシュとは、半蔵門にある皇居ランナー御用達の銭湯である。銭湯のロッカーに荷物を預け、走り、お風呂で汗を流し、家路へつく。
 ナゾが解けたっ!皇居ランナーはどこに荷物を預けているのだろう、どこで着替えているのだろう、皆近くに住んでいるの?そんな疑問、解けました(>_<)
 半蔵門駅の渋谷側出口にもロッカーがあります。

 【その③ レースにエントリ】
 調子に乗って、レースにエントリしました。走れるのか、おれ ドキドキ

 【その④ レースはすでに始まっている】
 「レースはすでに始まっている!? ワンポイントアドバイス」というものが大会事務局から送られてきました。紹介しましょう。

 【その⑤ アドバイス1 睡眠不足】
 レース前夜の睡眠不足、ダメっぽいけど、じつは翌日のランニングにほとんど影響しない、らしい。なぜならば、横になってじっとしている状態と、睡眠状態と、エネルギー消費にわずかな差しかないから、らしい。ただし、遊びや仕事など身体を休めていないケースは、やっぱりダメ、らしい。ハァー

 【その⑥ アドバイス2 レース当日の食事】
 普段食べなれていて、消化がよく、すぐエネルギーに変わるものを食べるべし。
 例に挙がっているもの : 飴・カステラ・チョコレート・バナナ・大福餅
 最後の大福餅、感覚的にちょっと気になる。
 ちなみにエリート選手と呼ばれる人たちは普通、レース3時間前には食事をすませるもの、らしい。一般のランナーはレース中にお腹がすいて走れなくなる、らしい。 ワナワナ

 【その⑦ アドバイス3 ランニングキャップ】
 ランナーは、夏場だと、首の部分を強い日差しから守らなければならない。さもないと、運動能力が低下し、疲労が倍増してしまうのです。
f0089103_3142457.jpgそんな時の帽子。




 【その⑩ KONISHIKI】
 なぜいきなりKONISHIKIかと?大会当日、KONISHIKI-SANのコンサートがある、らしい。ちょっと、楽しみ。 ワクワク
[PR]
# by hosodoa | 2006-12-05 02:56 | 日記

服の色について

 服を買いに行った時、販売員に聞いた話です。

 ①黄緑色 メンズでは鬼門
 黄緑色はメンズだと鬼門。仕入れても、なかなか売れないらしい。言われてみれば、黄緑色は選ぼうと思わないなぁ~。うん、確かに。特に年齢が高くなれば、黄緑色への抵抗感も大きくなってくるのだって。ピンク色や紫色は購入する人が増えてきたけど、黄緑は難しい。
 逆に女性の場合、黄緑は好んで購入される方が多いと。男女の色の好みの差、黄緑というのは私にとって新鮮でした。
 ちなみに黄緑色はこんな色。
f0089103_104114.jpg



 ②ピンクとブルー 一発の破壊力
 一般的に、ピンクとブルーの組み合わせは合わない、らしい。例えばピンクのシャツにブルーのネクタイ。すごくいやらしく見えてしまう、らしい。感覚的な話なので分かりづらいのですが、場合によってはいやらしく見えずに、バチっときまることもあるのだって。一発逆転、なのかな?
 ピンクにも色々なピンクがあって、ブルーにも色々なブルーがある。当たり前の話ですが、実はその中で、自然に見える組み合わせがある。その自然に見える組み合わせこそ、一発の破壊力を秘めた絶妙な組み合わせ、らしい。
 う~ん、例えばこんな感じ?
f0089103_1214376.jpg
どう?
[PR]
# by hosodoa | 2006-12-02 01:22 | 日記

2006年12月 【和気逢々】

f0089103_20933.jpg今回はサバカン+展示+DJタイムと、内容も盛りだくさん。サバカンは長谷川祐子(キュレーター/東京都現代美術館学芸課長)さんと塚本由晴(建築家/アトリエ・ワン)と豪華!クリスマスが終わった後の平日の夜ではありますが、ぜひご来場下さい。

ちなみに、タイトルの「和気逢々(わきあいあい)」は、その夜の雰囲気を表現したものです。とにかく一人で来たとしても、誰かと出会える、そしてまた新たな何かが始まる...そんな一夜にしたいと思っております。スタッフは今、瀕死の状態になりながら(笑)イベントの成功のために日々活動しておりますので、ぜひご期待下さい!!

Survivart—お金とコミュニティに焦点をあてたプロジェクト—
2006 "sower of innovation—新しい方へ—"vol.4

和気逢々(わきあいあい)
http://survivart.net/nextevent/

Survivartが贈る、トーク×エキシビション×DJタイムの年忘れアートイベント!!!

「お金が全てじゃないからお金のことを考える」をコンセプトに始動したSurvivartの年納めイベントは、「和気逢々」を合い言葉に、予想外!?の規模で開催します!!
18回目となる恒例のおしゃべりイベント「サバイバート・カンバース(サバカン)」は、「ポリティクス」がテーマ。ほかにも、アートなお仕事をしているゲストによるリレー形式のDJタイム「一曲入魂」、さらに会場では5組の若手アーティストによるエキシビションも行います。
SuperDeluxe特製のおいしいフードとドリンクを片手に、年末の一夜をSurvivartで「わきあいあい」に過ごしてみませんか?

日時:2006年12月26日(火)18:30開場
会場:SuperDeluxe(日比谷線六本木駅より徒歩5分)
料金:前売り¥1500 当日¥2000
主催:Survivart

◎チケット販売…12月22日(金)迄

◎会場アクセス…SuperDeluxe
日比谷線、六本木駅より六本木通り沿いを西麻布方面へ徒歩5分
バス停 六本木6丁目 (都01 渋谷行)より徒歩 30秒
バス停 六本木6丁目 (都01 新橋行)より徒歩 1分
http://www.super-deluxe.com/


≪プログラム1≫ サバイバート・カンバース File.018「ポリティクス」
ゲスト:長谷川祐子(キュレーター/東京都現代美術館学芸課長)
    +塚本由晴(建築家/アトリエ・ワン)

≪プログラム2≫ DJ Time : 一曲入魂「わきあいあい」
ゲストDJ:ロジャー・マクドナルド(AIT), and more!!

≪プログラム3≫ サバイバート・エキシビション File.009
展示者:穴薪ペインティング、岩井優、影島晋平、栗原良彰、
    フェティッシュ、三輪まり子

※各プログラムの詳細はこちら
http://survivart.net/nextevent/index.html#t02


■─ Timetable ─■
18:30〜開場&サバイバート・エキシビション Start!!
19:30〜サバイバート・カンバース Start!!
21:00〜DJ Time : 一曲入魂「わきあいあい」Start!!
★SuperDeluxe特製のおいしいフードとドリンクがご注文いただけます!
★時間は予定となっておりますので、あらかじめご了承下さい。

お問い合わせ:Survivart(サバイバート)
http://survivart.net/
[PR]
# by hosodoa | 2006-11-30 02:00 | サバイバート

2007年3月 【企画について】

 ついさっき、サバイバート代表の岩井と考えました、2007年3月予定のサバカンの企画について。サバカンとは、サバイバートで定期的に開催している、来場者参加型のトークイベント。詳細はサバイバートのHPを見てください。
 3月の企画コンセプトは「アートとビジネス」。これは決まっているんです。で、さぁ~、具体的に何をやろうかと。岩井の方で、副題を用意しておいてくれました。
 「【ビジネス】⇒【アート】 【アート】⇒【ビジネス】」 (仮題)
 「⇒」(矢印)が意味することは働きかけの流れ。
 副題の前半部は、アートにビジネスを取り入れたらどうなっちゃうんでしょうか?と。後半部は、ビジネスにアートを取り入れたらどうなっちゃうんでしょうか?と。アートとビジネス、両者がハッピーになる分かりやすい関係ってないかなと、サバイバートではずっと考えてきたわけです。なので、2007年3月は、ダイレクトにそのことをぶつけてみようと、そう思います。ゲストの方に、そして来場者の方に。これを読んでいる皆様がその中の一人になっていただければ嬉しいなと、軽く宣伝。

 「アート」って何?とか、ここでいう「ビジネス」ってどういう意味で使っているんだっけ?とか、例えば、今あるギャラリーってビジネスしていないんだっけ?とか、私は副題を聞いたとき、そんなことを考えました。エムアウトがWEB販売に特化したギャラリー・タグボートを運営していたり、HOYAクリスタルのイベント(キラキラナイト)で生意気というアーティストが起用されていたりと、そんなことを思い出し、結果的に何か面白いことが言えればよいかなとも思っています。

 ちなみに、イベントは2007年3月3日にやりたいということなんですが、ひな祭りと関係がっ?!
[PR]
# by hosodoa | 2006-10-27 03:32 | サバイバート

転職

 最近、私の同級生・同期など同世代の知人に増えてきました、転職した人、転職を望む人。

 よく相談を受けます、「どうしたらよいと思う?」 「う~ん、じゃー、なんで転職したいの?」話を聞くと、まず出てくるのが【現職への不満】。給与、仕事の中身、経営方針や会社の成長性、人間関係などなど、人それぞれ。

 なるほど、それはわかる。改善意欲・向上心がなければ、人間の成長もないなと。【職場を変える】という選択肢も当然あるだろう。私も最終的にその選択肢をとった。ただ、【現職への不満】からいきなり【職場を変える】に飛ぶ人、【職場を変える】という結論ありきで話を進める人、結構多いです。たいてい彼らは言います、「どうせ変わらない」し、「たぶん言っても無駄」だから。 「う~ん、どうなのだろう、職場のことはわからないけど、本当にそうなのかなぁ~」説明を受けても、納得感を得られるケースは多くない。
 「次の職場」のことを聞くと、「まだ考えていない」。それは無鉄砲というもの。給与や会社の知名度・ブランドや規模に興味を向けてしまい、【本当にやりたいこと】という核心に触れられず転職活動を終えてしまう。
 転職した人からは、「本当はこんなことしたかったわけじゃなかったのに・・・」 う~ん、こう言われることもある。

 転職活動をしていたとき、非常に有益だったアドバイス。「いきなり色々なことを考えず、最初は3つの事だけを考えてください。1つ目は、【ありたい姿】を描いてください。2つ目は、【現在(いままでのキャリア)】を説明できるようにしてください。3つ目は、【ありたい姿にたどり着くために、現在足りないもの】を挙げていってください」

 この黄金の三角形を、無理のないロジックで描ききれたとき、不運な転職を減らすことができるでしょう。
[PR]
# by hosodoa | 2006-06-04 02:40 | ビジネス


ブログパーツ
検索
ライフログ
最新のトラックバック
Rocking chai..
from Leather chair.
Ekones sofas.
from Ekones sofas.
Portable desk.
from Computer desk.
Taking viagr..
from Cialis.
Amateur ince..
from Hardcore porn ..
Buy propecia.
from Buy propecia.
おwれwのw骨wでw
from ガリガリ
映画館にて
from 国際派
天職キタ(*´ω`*)
from 大岩井
風呂入るのメンドクサイ!
from ドライブ好き
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧